【PC/SP兼用】PCMAX(ピシマ)の始め方|初回登録の手順を解説

この記事では、PCMAX(ピシマ)を初めて使う方に向けて、登録方法について解説しています。

出会い系サイト規制により年齢確認が必須になったりと以前ほど気軽に始めにくくなりました。

参考:出会い系サイト規制法施行規則

PCMAXは老舗出会い系サイトとして認知されているため、よく似せた詐欺サイトが出てきたり、架空請求メールが届いたりして、登録することに抵抗を感じている人もいるのではないでしょうか。

嫁バレが怖くて、なかなか登録するのが・・・ね。

架空請求や情報漏洩が心配です。

本当に初心者だから分かりやすくお願いします。

こういった方の疑問にお答えします。

初めて利用される方がつまずきやすいポイントなど、順を追って解説していきます。

この記事でわかること

  • PCMAXの登録方法
  • PCMAXの年齢確認方法
  • PCMAXの小ネタ

それではさっそく解説していきます。

- 目次 -

PCMAXってちゃんとした出会い系なの?

PCMAXは2002年に創業した日本最大級の老舗出会い系サイトです。

PCMAXの運営会社|都内に本社を構えるIT企業

PCMAXを運営する会社の概要は以下の通りです。

運営会社名株式会社マックス
所在地〒160-0022東京都新宿区新宿5-10-6
運営責任者青木 尊久
設立平成20年11月18日
サイトURLhttps://pcmax.jp
問い合わせ先support@pcmax.jp
0570-200-740
営業時間メール窓口:9:00~17:00
電話窓口:9:00~23:00
主なサービス内容1.インターネットによるコンテンツ情報サービスの提供
2.インターネットによるコミュニティーサイトの運営管理
届出■電気通信事業届出
A-20-10188
■インターネット異性紹介事業届出
認定番号:30120128011

PCMAXを運営する株式会社マックスは、東京都内に本社を構える株式会社です。

詐欺サイトにありがちな出会い系と見せかけたSNSサイトだったり、適正な届出をせずに無届出で営業しているサイトと異なり、「出会い系サイト」として適切に届出を行っている正規業者です。

PCMAXの知名度や認知度|各種広告活動を行い、各年代の女性から認知度が高い

全国の主要都市には、派手なビル看板を立てて、ネット広告はじめ全国のマンガ喫茶へポスター広告など大規模な宣伝活動をしているので、あなたも「PCMAX」の名前くらいは聞いたことはあるのではないでしょうか?

PCMAXは各種街頭広告を展開している画像
PCMAXは各種街頭広告を展開

創業当時、ギャルが集まる新宿を拠点にしているだけであって、PCMAXは何と言ってもギャルが多いのが特徴です。

そんなギャルが多く利用しているPCMAXも20周年を迎え、現在では、若者から人妻までかなり幅広く利用登録しています。

各種女性誌に広告を出しているので、女性誌を読む方ならほぼ全員が一度は目にしたことがあるのではないでしょうか。

PCMAXは女性誌にも多数掲載している画像
PCMAXは女性誌にも多数掲載

昨今はコロナの影響もあり、イベント事が自粛されるなど屋外活動は控えめですが通常営業の場合は、多くのイベントを開催しています。

PCMAXは多くのイベントを実施している画像
PCMAXは多くのイベントを実施

他の大手サイトと比較しても低料金で遊べる優良運営を行っているため、長年にわたり多くの利用者に支持されています。

PCMAXの登録方法|PCとスマホのキャプチャを併記

PCからのPCMAXのTOPページの画像
スマホからのPCMAXのTOPページの画像

では、さっそくPCMAXに登録してみましょう!

こちらからPCMAXのTOPページにアクセスしてみてください。

イメージモデルの変更や大人の事情でTOPページのレイアウトがときどき変わっていることがあります。

⇒公式サイトへ

基本情報の登録

TOPページの「無料で始める」を選択し、会員登録を行います。

PCからのPCMAXの新規会員登録画面の画像
スマホからのPCMAXの新規会員登録画面の画像

『性別』・『ニックネーム』・『活動エリア』・『生年月日』・『パスワード』を入力し、「無料ではじめる」をクリック。

※各項目の補足

  • ニックネーム→親しみのあるネームの方が女性ウケが良いです。
  • 活動エリア→身バレ対策として、地元から離れた地域がおすすめです。
  • 生年月日→本人確認のため、偽らずに入力しましょう。
  • パスワード→ここは複雑にせず、覚えやすいものが良いです。

基本情報を入力すると、次に不正登録・二重登録を防止するための携帯端末の確認画面に移ります。

携帯電話番号の確認|電話確認かSMS認証の2通り

音が出せない場合や電話料金が従量の人は、SMS認証で問題ありません。

それ以外の人は、すぐ次に移れるガイダンス認証をおすすめします。

入力間違いに気づかずに登録ミスをしてしまう人もいるので、正しい電話番号が入力されているかをご確認ください。

PCからのPCMAXの電話番号の確認画面の画像
スマホからのPCMAXの電話番号の確認画面の画像

携帯番号の確認が完了すると、次に不正登録・二重登録を防止するためのメールアドレスの確認画面に移ります。

メールアドレスの確認

いわゆる、昔ながらの空メール送信でメールアドレスの確認を行います。

『空メールを送信する』ボタンをクリックするとメール送信画面が立ち上がるので、そのまま送りましょう。

※複数のフリーメール(Gmailやヤフーメール、Outlookなど)を利用している場合、メール送信者の設定を間違えないように送信前に確認しておきます。

PCからのPCMAXのメールアドレス確認画面の画像
スマホからのPCMAXのメールアドレス確認画面の画像

メール送信後、info@pcmax.jpから『[PCMAX]アドレス確認完了』という件名でメールアドレスの確認が完了した旨のメールが届きます。

登録の完了(プロフィール文の入力)

これまでの手順でPCMAXへの登録が完了しました。

最後にプロフィール文をサクッと入力して利用登録が完了します。

ここではこだわった文章を作りこむよりも簡単な文章で利用登録を終えることを優先しましょう。

簡単な一文でも入力し、『次へ進む』をクリックすると以下の画面が表示され、利用登録が完了します。

PCからのPCMAXのプロフィール入力画面の画像
スマホからのPCMAXのプロフィール入力画面の画像

登録が完了すると以下の画面に切り替わり、引き続き年齢確認を行う流れとなります。

PCからのPCMAXの登録完了画面の画像
スマホからのPCMAXの登録完了画面の画像

PCMAXの年齢認証|身分証の提示かクレジットカード認証の2通り

PCから行うPCMAXの本人確認の画像
スマホから行うPCMAXの本人確認の画像

登録が完了しましたら、「年齢認証」を行っていきましょう。

公式サイトに明記してありますが、年齢認証をしないとサイトを利用することはできません。

少し面倒に感じると思いますが、出会い系サイト規制に準じて、未成年者の利用を未然に防ぐものなので「成年者の証明」や「実在する人物」を確認しています。

一応、年齢認証を行うと年齢確認に協力したお礼という意味だと思いますが無料ポイントがもらえます。

本人確認書類で本人確認を行う場合

PCから行うPCMAXの本人確認書類による本人確認の画像
スマホから行うPCMAXの本人確認書類による本人確認の画像

個人情報保護の観点から生年月日と公的本人確認書類の発行元が分かるようにして本人確認書類を提出します。

塗りつぶしたりするのが面倒な方は、そのままメールに添付送信でもOKです。

大手サイトだけに個人情報の管理はかなり厳密に行われていますので、安心してください。

クレジットカード決済で本人確認を行う場合

クレジットカード決済の場合、100円だけ課金して本人確認を行うというものです。

Vプリカは利用できないと記載されていますが、デビットカードは利用できるので待つのが嫌な方は、クレジットカード決済を行うと良いでしょう。

余談になりますが、筆者はデビットカードで決済して本人確認を行いました。

すぐに確認完了メールがきて、無料ポイントが追加されているので、さっそくサイトで遊んでみましょう!

PCMAXの始め方のまとめ|万全のセキュリティで安心して出会えます。

これまでの手順でPCMAXが遊べる準備が整いました。

それではさっそく好みの女の子を探しに行きましょう!

⇒PCMAXの公式サイトへ

別の記事で『丸パクリOK!|出会えるプロフィール設定方法』や『マネするだけでOK!|即アポの達人が伝授するメール送信術』を解説しているので、ぜひ今後の参考になさってください。

最後に出会い系サイトで出会えている人たちが共通して実践しているコツをご紹介します。

出会い系の達人たちのネットナンパテク

  • プロフ選びで妥協しない。(本当に出会える女性はスキがある)
  • タイミングとご縁を大切にする。(プロフ未整備段階にきたメールには返信するな)
  • 写真映えする女性は切り捨てよ。(映え意識した業者やプロに用事はない)
  • 自分の行動・活動範囲から出ない。(身バレは勝手の知らないところからバレる)
  • ネットでもリアルでも適度な距離を保つ。(自分と相手の家庭や生活を壊さない配慮をしよう)

諸兄のみなさんの健闘を祈ります。また違う記事でお会いしましょう。

- 目次 -
閉じる