• ホーム
  • Googleアップデートは何を基準にしているのか?

Googleアップデートは何を基準にしているのか?

パソコンを使う女性

Googleアップデートによりモバイルフレンドリーが実施されるようになり、モバイルで検索するときは携帯端末でも使用しやすく読みやすいページが掲載順位の上位表示になります。ウェブサイト要因やモバイル端末で見た検索順位のみに影響することや、世界で使われている全ての言語も検索順位に反映されます。
サイトの全体的な部分だけではなく、それぞれのページが対象となるのでコンテンツ内を全て変更する必要がありません。主要な部分だけを変えることで、検索順位には反映されやすくなります。Googleアップデートであるモバイルフレンドリーは重要な変更とされますが、ランキングでのシグナルにも大きな重要性があり、無視できるものではありません。
ウェブサイトの要因をしっかりと知り、検索キーワードの意図を読み取ることで、重要なシグナルとなります。質がとても高いコンテンツが掲載されているページがモバイルフレンドリーには当てはまらなかったとしても、他の関連する記事が強いキーワードで固められていれば、高い検索順位で掲載される確率が上がります。
コンテンツ量がモバイルフレンドリーであるかを事前に確認することができますが、それぞれのページを確認することができます。さらにウェブマスターツールのモバイルユーザビリティにあるレポート項目で、サイトの全体を確認することも可能です。
ユーザーから見てサイトがモバイルフレンドリーではないランキング要因もあり、Googleの基準からトラフィックが大幅に減少するケースも見られます。ウェブサイト要因を確認した上で、対応していればGoogleアップデートによっての再処理が自動的に行われます。インデックス送信を使用しこれらの処理を迅速に進めることもできますが、処理が完了すればページが全てモバイルフレンドリーとして認識され、信頼性のある順位付けをされるようになります。ランキング要因でもGoogleアップデートに対するコンテンツ量の検索を決定するアルゴリズムのことで、対応しているものに対して反映されます。信頼性が高くモバイルに対応しているページが自然に上位表示されることで、ユーザーから見た情報がモバイルの小さな画面でも読みやすい表示になります。
関連性の高い検索結果をさらに見つけることができますし、よく見かけるスマホ対応がモバイルに対応しています。情報の収集はたくさんできますが、モバイル対応しているサイトであれば全ての検索順位が上位表示される訳ではなく、その中でも信頼性のある情報が掲載されているものが基準になります。