• ホーム
  • 医療系・健康系でアフィリエイトやるリスクってあるか?

医療系・健康系でアフィリエイトやるリスクってあるか?

医療系・健康系でアフィリエイトをしている場合、専門家が書いた記事を優先して上位表示させたり、個人が書いているような信頼性が低めのものは検索順位を下げるとしています。Googleアルゴリズムが変更された時は、大きく順位変動が起きることが一般的ですが、厳しい審査の上で消費者庁が監視しています。
その検索順位の変動が例外的におきなかったケースもあり、その特徴はオリジナルのコンテンツだったり、素人目線から見てもわかりやすい内容であることです。リスクを回避しながらアルゴリズムの変更後にも厳しい審査が行われますが、オリジナルコンテンツはどのような状況下でも高く評価される傾向にあります。他の記事をコピーしたものではなくオリジナルで作り出されているコンテンツが大切で、売り込みも行われているものが理想的です。
医療系・健康系コンテンツは、アフィリエイトには向いているものとして取り扱われてきましたが、売り込みによって高く評価されることもあります。万が一自分が病気にかかってしまったことを想定し、その体験談や症状が改善した体験談などを記事にしているものです。
誰かの記事をリライトしたようなコンテンツは高確率で検索順位が下がってきており、リスクも高くなります。わかりやすい内容でコンテンツが作られていることが基本で、消費者庁などにもわかりやすい記事を作成します。常に法律と隣同士で専門的な知識を持っている人が、巧みに専門用語を使用していれば素人にはわかりません。法律などの専門用語でも知識を持っていない素人に対して、わかりやすく説明されているかが監視の見所になります。
YMYLに関することは。検索品質評価でもガイドラインの項目の一つとして取り上げられています。将来の幸福や健康・経済的な安定や安全性でユーザーにとって影響を与える可能性があるために、他のカテゴリのページよりも品質が高くなくてはいけないとします。YMYLのページに関しては、医療情報に関するページが設けられており健康や専門的なことにも、アドバス・情報を提供しているコンテンツです。Googleアルゴリズムの変更で細かく対策をとる必要があり、そのジャンルをやめる・様子を見る・記事のリライトをしながら上位表示を狙ったり、検索以外での集客方法を考えるケースもあります。
アルゴリズムの変更は基本的には完全に前のように戻ることはなく、全く違うジャンルに鞍替えしてしまうことも方法の一つです。