• ホーム
  • ドメインのクライアントホールドについて知りましょう

ドメインのクライアントホールドについて知りましょう

クライアントホールドは登録したメールアドレスがあり、期限内の確認を怠ることで15日間もドメインが使用できなくなるという意味です。サイトが見れない状況の中で13日目に再送されたメールが来ることになり、再確認をすることができますが、そのメールすら気がつかないケースもあり意味がなくなります。
追加された中古ドメインが対象になっていて、過去に問題がないケースでも自分が取得している間に問題が起きる可能性が十分に考えられます。ドメイン登録をした後に確認メールが届きますが、全てが英文で記載されているため、メールの存在をスルーしやすいですし、読み間違いなどを回避しましょう。レジストラに連絡することで、メールを再送してもらうこともできます。
中古ドメインの利用期限が過ぎるとサイトが見れない状態になるため、解除されないようにすぐに更新料を支払う必要があります。複数のドメインを登録している場合は、登録メールアドレスが同じであればドメインごとに確認メールが来ません。メールは1通のみになるので、メールアドレスないで同時に登録しているものも気にする必要がないです。
クライアントホールドを意識しながら、メール内のURLを押すことで承認画面に切り替わるので作業が完了しています。利用期限は取得しているドメインの契約情報・利用期限やサーバーの設定に問題がないケースも多く、サイトが正しく見れなくなる場合もあります。ドメイン名のメールアドレスが使えなくなるケースもありますが、クライアントホールドされている可能性が高くなります。取得した中古ドメインはクライアントホールドになっているかどうかは、whois情報を調べるとわかります。
各ドメインを管理している機関から調べる方法やレジストラが運営しているドメイン登録サービスから、whois情報を調べることができるので、ここからクライアントホールドされているか知ることになります。解除されるには時間がかかりますし、検索結果のスクリーンショットなどを利用して対応していきます。登録したメールアドレス宛に送られて来ている情報が正しくないケースもありますが、認証メールを認証していないケースも考えられます。ドメインがクライアントホールドになる原因として考えられることは、whois情報にメールアドレスが送られて来る際、認証メールを開封していないこともあります。ドメインを取得した時に、個人情報を入力しますが、その中のメールアドレス宛にレジストラから認証メールが届きます。